滋賀県 女性の為の整体/足がしびれる原因とは

 TOP 整体師の紹介 整体の流れ 患者さんの声 お問い合わせ

滋賀整体メニュー

足のしびれメニュー

初めに・・

整体施術について

当院についての案内

女性の症状整体メニュー

注意事項

  • 御理解ください

その他

滋賀整体(野洲院)

野洲市比留田878

長浜市 彦根市 東近江市 能登川市 近江八幡 野洲 守山 栗東 草津 大津市 高島 湖南市 甲賀市 京都 大阪 三重県 岐阜県などから口コミで来院

神経の異常により起こるのがしびれという症状です。 症状は主に感覚の低下、運動麻痺、異常知覚の3つに分けられます。 感覚の低下では、触った時の感覚や熱や冷たさを感じなくなります。 運動麻痺では、力が入らなくなったり足が動かしにくくなります。 異常知覚では、何もしなくてもしびれを感じます。 日本人なら正座の後にビリビリとした痛みを感じた経験があるでしょう。 これは筋肉疲労と神経障害が原因で起こっており、一時的な症状で数分で収まります。 さて、何かしらの要因でビリビリと感じても大半の方が放置してしまう症状ですが、体の異常を訴えていることでもあるので一概に無視はできないということは覚えておきましょう。 正座の後のしびれのように時間と共に落ち着く場合は心配する必要はありませんが、例えば、片側だけがしびれる、急にビリビリと感じて数分で消える、靴下を履いているような感覚がある、こうした症状を感じたら病気の前触れの可能性も否定はできません。 考えられる病気としては、脳梗塞、糖尿病性神経症、バージャー病、パニック障害、閉塞性動脈硬化症、足根管症候群などがあげられてます。 そのため気になる場合は早めに受診しましょう。 一般的な症状であり筋肉疲労や神経が原因で起きる場合は、冷えないよう配慮したり、姿勢を正したり、身体を締め付けないようにするなど日常生活の中で予防できます。 また、マッサージをして血流を促してあげることで改善できます。

足がつる原因とは

筋肉は常に縮んだり伸びたりを繰り返していますが、縮みが治らないことで筋肉が痛みを伴い痙攣をおこして現れるのがつるという症状です。 これは、こむら返しとも言われています。 仕事中でも寝ている時でもいつ起こるか分からなく、日常生活の中でよくつる人がいますが、症状は主に肉体疲労と栄養不足の2つがあります。 肉体疲労の面では、普段使わない筋肉を使ったり、違う動かし方をしたり、急に力を入れて刺激を加えたり、血行が悪くなったした時に筋肉が収縮します。 また、栄養不足の面では、脱水症状による電解質のバランスの崩れ、ミネラルやビタミンB1不足が原因にあげられています。 対処法としては、筋肉を伸ばす、マッサージする、温める、陽陵泉のツボを押すなどがあります。 もちろん原因によっては食生活の改善も必要です。 ほとんどの方が上記のいずれかが原因ですが、定期的に運動をしており、食事のバランスもよく、冷えもなく、水分補給もできているという場合につるのは病気の前触れである可能性もあるでしょう。 考えられる病気としては、例えば糖尿病、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがあげられます。 頻繁に起こる、足以外がつる、同時にしびれを感じる、片側ばかりつる人は医療機関の受診がおすすめされています。

治療はどこでする

しびれもつる症状も、いずれも日常の中で感じやすい症状ではありますが、病院にかかるほどではない方がほとんどです。 そのため、いざ気になるので診察を受けたいと思っても何科を受診したらいいのか分からないと悩んでしまう人も少なくはありません。 では、いざ症状を感じた時にどの科目を受診したらいいのでしょうか。 どのような状態で症状を感じるのかにもよるのですが、いずれの症状でも一般的には整形外科を受診するといいと言われています。 整形外科なら、骨、関節、筋肉、神経の異常を診てもらうことができます。 診察の結果、骨や関節、筋肉や神経に異常がなく、他の部分にも何かしらの異常を感じるのなら脳外科や内科など状況に合わせて受診する科目を考えましょう。 もし掛かり付けの病院があるのなら、そこでも構いません。 もし、そこで判断しきれないようなら大病院を紹介してもらうことが可能です。 大病院なら色んな科目があり、また検査も正確に行われるので、原因を突き止めるには一番オススメです。 最近ではセカンドオピニオンは当たり前なので、症状の改善が見られない、気になる場合はいくつかの病院を受診してみるのもいいでしょう。 症状が起きている原因に合わせた治療が行われるため、治療方法は一概ではありません。 例えば、ヘルニアが原因でビリビリと感じるなら骨盤ベルトを使う、こむら返りなら症状を抑える内服薬があります。 こむら返りの内服薬には、ビタミンの補充や筋肉を和らげる効果がある薬、また、芍薬甘草湯という漢方薬も有効とされています。 もちろん、脳梗塞など他の病気が見つかった場合には、そちらの治療が開始されるでしょう。 すると症状も収まってきます。 些細な症状の裏に重大な病気が隠されている可能性があります。 年齢を重ねるほど病気が原因で起きている可能性も高くなりますが、若い人でもただの神経障害や筋肉の収縮が原因ではないケースも少なくはありません。 むしろ、筋肉が発達しており健康な若い世代ではたまに症状を感じても頻繁に感じることはありません。 頻繁に症状を感じる時は早急に診察を受けた方がいいでしょう。


TOP/整体師の紹介/整体の流れ/よくある質問/患者さんの声/料金・整体院案内/お問い合わせ

copyright © 2010 滋賀 腰痛に詳しい整体院 all rights reserved.